アーチスト錠の効能と副作用

高血圧・狭心症・慢性心不全治療剤のアーチスト錠の効能と副作用について。

アーチスト錠の副作用

[スポンサード リンク]

アーチスト錠の副作用には、次のようなものがあります。
持病やアレルギーがある人、他の薬を服用している人、妊婦・妊娠している可能性のある人、授乳中の人は、必ず医師に伝えましょう。
アーチスト錠を服用する際は、指示された用法・用量をきちんと守りましょう。

アーチスト錠の主な副作用は、めまい、倦怠感、頭痛、徐脈、低血圧などです。

その他の副作用

  • 発疹、かゆみ
  • 徐脈、低血圧、動悸、頻脈、心房細動、期外収縮、脚ブロック、血圧上昇、心胸比増大、顔面潮紅、四肢冷感、房室ブロック、狭心症
  • 喘息様症状、咳、呼吸困難、息切れ、鼻づまり
  • めまい、眠気、頭痛、失神、不眠、抑うつ、注意力低下、異常感覚(四肢のしびれ感等)
  • 吐き気、胃部不快感、嘔吐、便秘、下痢、食欲不振、腹痛
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害、尿失禁、頻尿、蛋白尿
  • 貧血
  • かすみ目、涙液分泌減少
  • 浮腫(むくみ)、脱力感、倦怠感、勃起不全、耳鳴、疲労感、胸痛、疼痛、発汗、口やのどの渇き

重大な副作用

  • 高度な徐脈、ショック、完全房室ブロック、心不全、心停止
  • 肝機能障害、黄疸
  • 急性腎不全
  • アナフィラキシー様症状

[スポンサード リンク]

【免責事項】掲載内容は最新の情報とは限りません。当サイトで提供する情報に基づくいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いかねます。薬の使用にあたっては、必ず処方する医師・薬剤師の指示、または製薬会社の説明書に従って下さい。

Copyright © アーチスト錠の効能と副作用 All rights reserved